高血圧の予防と改善ポイント!TOP > 血圧を下げるために! > なぜ温めると高血圧にいいのか?

温めるといい?


高血圧の予防と改善のために出来る事は何があるのか?

1つの対策としては、体を温めることが有効な方法になります。

体を温めることは高血圧の予防に繋がります。

でも、なぜ体を温めることがいいのでしょうか?

それは、体温が下がると血圧が上昇するからです。

ですので、なるべく体温を下げないようにすることが重要です。

そこでお勧めしている方法がな半身浴になります。

入浴なら誰でもしますし、簡単な対策の1つなのでぜひ試してみてください。

やり方としては、温度設定には気をつける事です。

あまり温度が高いと長時間の入浴が難しくなるので、
少しぬるいと感じるお湯がいいでしょう。

そして、時間的には、20分程度半身浴をすると体の芯まで温まり、
血行を改善できますし、血圧も安定していきます。

但し注意することもあります。

それは、半身浴を行う際は、脱水に注意するということです。

半身浴を行うと、どうしても大量の汗をかいてしまいますので、
水分をこまめに補給しながら入浴することがポイントになります。


人間の体と言うのは、上半身に血液が集まりますので、
下半身の血行が悪くなりやすいですね。

これを解消する為にも意識的に下半身を温めるようにしましょう。

靴下を2枚や3枚重ねて履いたり、カイロを下腹部に貼などして、
下半身を効果的に温めるのもいいと思います。

それと、体を冷やすような食べ物や飲み物は、控えると言うのも重要なことです。

高血圧の予防と改善のために下半身を温めるようにしましょう。