高血圧の予防と改善ポイント!TOP > 血圧を下げるために! > 高血圧と喫煙は関係について!

喫煙との関係について!


タバコを吸われていて血圧が高いような方は、今すぐにでも禁煙してください。

なぜなら、高血圧と喫煙と言うのは、深く関係していて、
タバコを吸うと高血圧になりやすいのが分かっているからです。

タバコの場合、ガンの発症リスクを高めるのはもちろんのこと、
その他にも高血圧の発症も高めてしまうんですね。


ですので、健康の事を考えているなら、
できる限り早めに禁煙をすることが大事です。

でも、なぜタバコがいけないのか?

疑問に思う人もいるでしょう。

タバコにはニコチンと呼ばれる有害物質が含まれていることはご存じでしょう。

実は、ニコチンが体内に入ってしまうと、
アドレナリン・ノルアドレナリンが分泌され、血管が収縮してしまいます。

そうなると、血圧の上昇を引き起こすのでタバコは非常に危険です。

そして、一酸化炭素も体内に取り込むので、体が酸素不足になり、
酸素不足になってしまえば心血管系の病気を引き起こすリスクが高くなります。


ですが、そう簡単に止めることが出来ないのがタバコなんですね。

タバコが体に悪いことは誰でも分かっているのに
止めたくてもなかなか止める事ができない。

そんな方は、高血圧の予防と改善させるために機縁グッズを使用したり、
禁煙外来でしっかりと治療することをオススメします。