高血圧の予防と改善ポイント!TOP > 血圧を下げるために! > 高血圧の種類には何がある?

高血圧の種類について!


高血圧にも色々種類があるってご存じだったでしょうか?

こちらでは、高血圧の種類について説明していますので、
参考にしてみてください。

高血圧と言うは、大きく別けると次の2種類に分けることが出来ます。

・本態性高血圧

・二次性高血圧



本態性高血圧

始めの本態性高血圧ですが、これは遺伝や生活習慣などの影響で
発症する高血圧のことになります。

実は、本態性高血圧の患者さんは多いとされていて、
日本人では、高血圧の患者の約9割はこの本態性高血圧と言われています。

なので、高血圧になってしまった場合は、
本態性高血圧の可能性が高いと思ってください。


二次性高血圧

次に二次性高血圧と言うのは、高血圧の原因が病気や薬などの影響から発症します。

原因が特定できた場合は、その病気を治したり、薬が影響する場合は、
薬を変更することで高血圧が改善する可能性が高いです。

ちなみに、二次性高血圧を発症させる可能性が高い病気には、
腎臓の疾患、褐色細胞腫、クッシング症候群などが挙げられるようです。


その他

その他にも高血圧の種類はあります。

例えば、白衣高血圧や仮面高血圧、早朝高血圧などです。

白衣高血圧の場合は、家では特に問題がないのに、
病院で白衣を着ている人を見ると血圧が高くなると言う高血圧です。

その逆に、仮面高血圧の場合、病院で測ってみると正常になるのに、
家では、血圧が高くなってしまうというものです。

また、早朝高血圧と言うのは、朝だけ血圧が高くなる高血圧のことです。

いずれにせよ、血圧が高くなっている証拠なので、
生活習慣の改善や治療を行っていくことが大事です。